持病とはうまく付き合っていきましょう。

健康のためにできる生活

2014-06-19_115443.jpg

健康に欠かせないことは、運動と食事とストレスのない生活です。

 

運動は、ウォーキングがもっとも手軽で効果のあるものです。特別な器具や場所を必要とせず、やる気さえあれば毎日でも家のまわりを歩くことができます。15分以上歩くことで、血糖値を下げたり、脂肪を分解する効果があります。高血圧や糖尿、冷え性にも効果があります。また食事については栄養のバランスがとても大切で、できれば3食しっかりととることが大切です。

 

 

バランスの摂れた食生活が大切です。

バランスの摂れた食生活は、私達が健康でいられるために最も重要なことです。
最近ではファーストフードやインスタント食品の普及で、昔の日本食のようなからだに良い食事を食べる機会が減少傾向にあります。
毎日の健康を考えるのであれば、できるだけこのような食事は避け、魚や大豆製品、海藻類、緑黄色野菜をバランスよく食べることが大切です。
また、野菜は茹でてしまうと栄養素が抜けてしまうため、できるだけ生の状態で食べることです。

 

 

保険に加入していつまでも元気に

健康だからといって、いつ何がおこるかわかりません。
いつか起こるかもしれない病気や入院にそなえて入るのが保険です。
生命保険はおもに3種類あり、ひとつは定期タイプのものです。これは60歳までなどと、入れる期間がきまっています。しかし基本的には掛け捨てで、何か起こらなければお金がもどってくることはありません。
また、終身タイプというものは、一生涯の補償がされるものです。
そして、養老保険というものは、貯蓄もできるタイプです。

 

 

健康の秘訣は?食事と運動

ずっと健康ですごすための秘訣とは何でしょう?
なかなか難しい質問ですが、大きくは食事と運動の2つを挙げることができます。

 

食事は、人間の生命活動に必要な栄養素を体内に取り込む、という重要な行為です。
食事のバランスが崩れていると、必要な栄養素が摂取できておらず、それによって様々な病気や体調の不良を引き起こします。

 

運動は、体中の筋肉を強化し、また、臓器の動きを活発にする作用があります。もう1つ大事な作用としては、血液の流れを促進するという点です。これにより、食事で摂取した栄養素を体の各部に行き渡らせることができます。

 

 

バランスの良い食生活

健康を保つために、やはり食生活を見直す必要があります。
人間の体は食によって栄養をとっています。
ダイエットなどで無理な断食を続けていると身体はボロボロになってしまいます。
健康的な食生活とは、まずは三食きちんと食べることです。
夜食に脂っぽいものを食べてしまうと胃もたれの原因になります。
朝食を抜くと貧血を起こす可能性があるのでしっかり食べるよう心がけましょう。
朝にはフルーツがおすすめです。
栄養バランスを考え、脂肪の摂取を控えるようにすれば健康の第一歩になります。

 

 

保険もお守り代わりとなる

保険というものも、一般的な国保や会社のもの以外に、任意で掛けている保険の数々がありますが、毎日が健康という状態が、一番幸せな日常となります。任意により毎月掛けている保険は、いざとなった場合に使い、本来はあくまでもお守り代わりが良いのです。健康は一日にしてならずと言われるだけあって、日頃からの積み重ねが重要になってきます。食事内容も、今食べているものは、5年先の体を作ると言われています。それだけ日常が大切になります。